このサイト内にはプロモーション広告が表示されています
広告

オートリゾート八雲/子連れファミリーキャンプレビュー!北海道噴火湾パノラマパーク室内遊び場・屋外遊具で楽しめる!!シャワーありの高規格キャンプ場!!!

道南 キャンプ
記事内に広告を表示しています

スポンサーリンク



GW明け、絶賛5月病真っ盛りのSunでございますこんばんはw

今回は「オートリゾート八雲」のご紹介です!!

快適キャンプ場を「子連れに嬉しい遊び場や設備」を中心にご紹介いたします

今回も是非最後までお付き合いくださいませ☆

スポンサーリンク



基本情報

予約

インターネットから予約可能です
オートリゾート八雲公式サイト

電話での[予約・キャンセル・変更](10:00~17:00)
0120-415-992

キャンプ用品 レンタル

レンタル用品が充実しているので、初心者でも気軽にキャンプが出来ます

レンタル用品名1泊料金1泊毎追加料金
テント類コールマン・テント 5~6人用2,500円2,500円
スノーピーク・テント 4~5人用2,500円2,500円
コールマン・スクリーンタープ2,500円2,500円
スノーピーク・スクリーンタープ2,500円2,500円
タープ1,500円1,500円
手ぶら手ぶらレンタル(4人用)12,000円12,000円
手ぶらレンタルサポートパック13,500円12,000円
手ぶらレンタルおまかせパック(設営・撤収)15,000円12,000円
※手ぶらセット内容:テント・タープ・シュラフ・マット・イス・テーブル・ランタン・キッチンセット・BBQコンロ(炭・着火剤付き)
参照:オートリゾート八雲公式サイト より

この他にも個別でレンタルできるものが多々あります。詳細は公式サイトで確認してみてください
オートリゾート八雲公式サイト

到着~設営の流れ(フリーサイトの例)

キャンプ場ゲートにてインターホンを押し、受付の方へ氏名と予約している旨を伝える

国道から噴火湾パノラマパークの看板に従い、パノラマ館方面に登っていきます

キャンプ場の案内板が各所にあるので、従い進んでいくと高速道路を渡る橋の向こうにカーゲートが見えてきます

オレンジ色の看板が目印です!
看板のある方向に曲がると高速道路に架かる橋を渡ります。その先にカーゲートが見えてきます
駐車券を挿入するよう求められますが、最初に入るときは持っていないので、呼び出しボタンを押します

キャンプ場中央のセンターハウスで受付&支払(現金のみ)

カーゲートをくぐって直進すると左手み見えてくるおしゃれなセンターハウスで受付&支払いをします(支払は現金のみ

おしゃれなセンターハウス

受付を済ませると駐車許可証(我が家はフリーサイトを使用しました)とゲートの出入りができる駐車券のようなカードをもらえます(この駐車券は、近隣のハーベスター八雲の割引券にもなります!!)

フリーサイトでも駐車場所は指定になるので、一旦車を出してキャンプ場外へ外出してもその場所が取られてしまう心配はありません

駐車券の挟まった駐車許可証。この駐車券があれば自由に出入りができます

受付・支払が終了し、駐車箇所が指定されたら、設営準備完了です!!

フリーサイトは車の付近にテントを張れれば、ほぼカーサイトです

サイト

ロッジ

まるで一軒家の一棟貸のような立派なロッジが12棟あります

それぞれに名前がついており、星座の名前になっています

それぞれ星座の名前がついているのがおしゃれな感じです!!

カーサイト

駐車スペース、電源、野外卓、野外炉が基本的にセットとなった高規格サイトです

焚火はオートサイトの野外炉のみで可能です

至れり尽くせりなカーサイト

フリーサイト

駐車スペースを挟んで両サイドにサイトが広がる開放的なフリーサイトです

『カーサイト』にて、「野外炉のみ」で焚火が可能と記載しましたが、フリーサイトでは焚火が禁止となっています(焚火台およびシートの有無に関わらず)

焚火を楽しみたい場合はカーサイトの予約が必要となる点に注意が必要です

駐車スペースの車枠側。車の駐車場所は指定です

車枠の向かって反対側です

駐車スペースより一段低くなっていますが、スロープで下れるようになっています

リアカー等の貸出は無かったので、キャリーカートがあると便利です

車枠の向かって反対側

設備・施設

センターハウス

キャンプ場のほぼ中心に位置し、おしゃれな外観が特徴です

おしゃれな外観です(再掲)

中はこじんまりとしていますが、暖炉のある休憩スペース、漫画・雑誌等の図書コーナー、ちょっとしたキッズスペース等あり、子連れに嬉しい施設になっています(売店や休憩スペースは17:00迄)

センターハウス内 キッズスペース
センターハウス内 漫画・雑誌等の図書コーナー
センターハウス内 売店

すぐ隣にはトイレ、ランドリー、シャワールームがあり、こちらは24時間利用することができます

電子レンジも利用できるので、パックご飯等持っていくと手軽に温かいご飯が食べられそうですね!!

電子レンジを利用することができます

コインランドリーも4基あるので、フル稼働で順番待ちになることは少なそうです!!

コインランドリーは、洗濯機200円・乾燥機30分100円でした。

シャワー

1回110円/人、24時間利用することができます!!
料金は以下画像にある青い小型金庫に小銭を入れます
シャンプー等の備え付けは無いので持参しましょう

シャワーブースは男性用×1、女性用×3、ハンディキャップ×1 計5ブースあります

青い小型金庫に小銭を入れます
シャワールームは1ブースにつき脱衣スペースとセットなので使いやすいです

トイレ

トイレはセンターハウス・炊事場付近のトイレ共に温水洗浄機付きで非常にキレイです

高規格キャンプ場ならではですね!!

センターハウストイレ

サイト近くのトイレ

とても快適に用を足すことができますw

ゴミ捨て場

センターハウスで指定のゴミ袋を購入すると利用することができます(30L 1袋100円)

ごみ回収BOX

分別区分については以下画像のとおりです

分別区分

炭捨て場

フリーサイト側の炊事等にあります

コンクリートの小屋(?)の中に蓋つきのドラム缶があり、厳重になっています

炭捨て場
炭捨て場内

炊事場

センターハウス向かいに中心のファイヤーサークルを囲むように建っている「星の広場」という炊事棟と、フリーサイトとセンターハウスの中間ぐらいの位置にあるトイレと炭捨て場を備えた「フリーテントサークル」という炊事棟があります我が家はフリーテントサイトを使用していたので、最寄りのフリーテントサークルを使用しましたが、サイト毎に使用するシンクが指定されていました

フリーテントサークルは向かって左側の炊事場はフリーサイト用、向かって右側の炊事場が隣接するカーサイトC用で、区画毎に使用する蛇口が指定されていました

フリーテントサークル全景
フリーテントサークル向かって右側 Cサイトの車枠毎に蛇口が決まっています
向かって左側がフリーサイト専用エリアです(蛇口の指定まではありません)

遊び場

北海道噴火湾パノラマパーク

噴火湾パノラマパークには子どもの喜ぶ施設が充実しています!!

室内遊び場(パノラマ館)

雨の日でも楽しめる大規模な室内遊具エリアがあります

屋外遊具(まきばの冒険広場)

珍しい遊具もあり、こちらも子どもたちは大喜びでした!!

ぷ~助
ぷ~助

たのしい☆

周辺情報

日帰り温泉

八雲温泉遊楽亭

12:00~17:00はホテル玄関
17:00~21:00は日帰り入り口(最終受け付けは20:30)
から利用することができます

ここは12:00~OPENなので、朝風呂に入りたい、なおかつ函館方面に向かう場合は、森町のグリーンピア大沼にある温泉「しゅくのべの湯」もおすすめです

「しゅくのべの湯」詳細は以下記事内にて触れてますので、併せて覗いていただけると嬉しいです!

おわりに

いかがでしたでしょうか!!

「オートリゾート八雲」のご紹介でした!!

ビギナー子連れファミリーのキャンプデビューにもピッタリなので、これからキャンプを始めたい方に特におすすめしたいキャンプ場でした!!

読んでくれた皆様の楽しいひと時の参考になれば何よりです!!

あしたも晴れるかな~?? おやすみなさい☆

キャンプ用品をお探しの場合 
・商品点数は4万点以上!スポーツ用品・アウトドア用品・普段使いアイテムも!
【5000円以上で送料無料】【最短翌日配送】【サイズ交換1回無料】
購入はこちらから→【最短翌日配送】スポーツデポの公式オンラインストア(PR)

キャンプ用品 レンタル
手ぶらキャンプに行きたい方はキャンプ用品のレンタルサービスがおすすめです。
・業界No.1規模のキャンプ用品レンタルサービス
・キャンプ場で荷物を受け取れるhinataレンタルは、「国内最大級キャンプ・アウトドア情報メディアhinata(PR)」が運営。詳細はこちらから→hinataレンタル(PR)

ポータブル電源
・スマホやパソコンの電力を確保、電池が切れる心配なし。
・防災用のみではなくアウトドアにもよく活用されている持ち運びにやすいポータブル電源です。詳細はこちらから→Jackeryのポータブル電源(PR)

テント乾燥サービス
・ネットから申し込んでキャンプ帰りに発送するだけでテントが綺麗になって返ってくる。
オフシーズン前に綺麗に乾燥させることでテントを長持ちさせることができる。詳細はこちらから→【ソトリストテント乾燥サービス】(PR)

スポンサーリンク



コメント